よくある質問

よくあるログハウスの質問

FAQ
他では得られない良質な無垢の木の大断面乾燥材を、豊富に用いた高品質建築物の為、在来軸組工法やツーバイフォー住宅のような、坪単価の表現は適切ではありません。 規模・建設地・タイプ等に応じた概算見積書(無料)をお送り致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
すでに建設地がある場合に限り、個別出張訪問を行っております。東京事務所 (完全予約制)と札幌本店では、随時予約説明会を行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
建設会社の希望は可能ですが、品質保持のため制約を受ける場合もありますので、事前にご相談下さい。
北海道旭川市にティンバーフレームのショールームがあります。また、商業用で建てられた建築物の見学も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
職人の手によって1本1本丁寧に魂をこめて仕上げられます。手仕上げは熟練した職人のみが出来る匠の業です。
ティンバーフレームやティンバーライクは問題ありませんが、ダブテイルログハウスは建設出来ませんのでご了承ください。
弊社の指導の下、十分な時間と協力者がいれば可能ですが、従来のログハウスのようなセルフビルド的なものではないので、お勧めは致しません。
北米には200年以上前に建てられたダブテェィルログハウスが、現在も数多く有効に活用されています。 ヨーロッパ(特にドイツ)では、16世紀以前に建てられたハーフティンバーフレームが多数あり、最も古い物では13世紀に建てられた家も文化財として保存されています。
ティンバーフレームの場合:
  • 20cm x 20cm
  • 30cm x 30cm
  • 45cm x 45xm
ダブテイルログの場合:
  • 30cm x 15cm
  • 35cm x 15cm
  • 40cm x 20xm
  • 特注サイズも可能
「ティンバー(木)フレーム(軸組)」というようにポスト&ビームのように解釈するのはよくある間違いで、現代の在来工法で建てる木造軸組構法とは異なります。ティンバーフレームは、BENT(ベント)とBAY(ベイ)という2種類のフレームで構成された方杖フレーム構法となりますので、耐久壁や筋交いは一切必要としません。 筋交いや耐力壁を使用しているティンバーフレーム擬きは、在来工法の木造軸組構法(つまりはポスト&ビーム)であり、本物のティンバーフレームではありませんので類似品には十分ご注意下さい。 詳しくはティンバーフレームの仕組みを読む
ティンバーフレームの場合:
  • オーク(通常)
  • パイン
ダブテイルログの場合:
  • ウエスタンヘムロック
  • 特注も可能
オークにはおよそ600種類あるといわれており、亜熱帯から亜寒帯まで北半球に広く分布しています。日本語では、落葉樹の楢(かし)の木がオークにあたります。 この木の特徴は、強度と硬度が非常に高く、カビや害虫からの攻撃に強いことです。これらの性質に加え、容姿の美しさから、家具やフローリング、ワインの樽によく使われています。

まずは「e資料請求フォーム」から、ご覧になりたい無料リーフレットを選んで住所を入力するだけ!! 最短2日で発送いたします。

今すぐ資料を請求する

ハースストーンのフリーダイヤル