旭川 ティンバーフレーム スマホ用

丘に建つティンバーフレーム

旭川市から車で約30分ほど北に進んだ国道の脇道を少し進むと、丘の上に建つ赤い屋根のティンバーフレームが見えてくる。このティンバーフレームの正面には、小さな山と森林が広がっていて、空気の澄んだ緑の多い場所だ。家のテラスからは、緑色の絨毯を敷いたかのような一面に広がる畑を見下ろし、旭岳が見渡せる絶景のロケーションに建てられている。

2005年に建てられたこの木の家は、国内では7棟目となるティンバーフレームで、伝統構法でよく使用される頑丈なオーク材で造られているログ住宅です。

ティンバーフレーム 鷹栖町

「山麓にあるティンバーフレーム」

玄関前 ティンバーフレーム 鷹栖町 ポーチの石は、テネシー州の自然石を使用。玄関ドア横のガラス窓から、光を取り込めるようになっている。
外観 ティンバーフレーム 鷹栖町 外壁は通期工法で、断熱材には高断熱EPSを採用しているので冬も暖かい。
テラス ティンバーフレーム 鷹栖町 吹き抜けのあるリビングには大きな窓を設けた。十分に光が差し込む設計になっている。
風除室 ティンバーフレーム 鷹栖町 オーナーの希望で、隣に併設された仕事場に、冬でも外に出ることなく行けるよう、風除室に廊下を設けた。
玄関 ティンバーフレーム 鷹栖町 広々とした玄関ホールの左にある小さな扉は、和室へと繋がっている。
キッチン ティンバーフレーム 鷹栖町 モダンなデザインのキッチンは、機能性を重視した日本製を採用した。
暖炉 ティンバーフレーム H邸 テネシー州の自然石で石張を施した、リビングの中心的存在の大きな暖炉。
景色 ティンバーフレーム 鷹栖町 小高い丘の上に建つ家からは、緑色の田んぼが一面に広がっているのが見下ろせる。
天井 ティンバーフレーム H邸 開放感のある吹き抜けのリビング。一番高いところで7.5メートルある天井。
和室 ティンバーフレーム H邸 和室8畳の客間は、急な来客にも対応できるように、玄関とも繋がっている。
階段 ティンバーフレーム H邸 階段材にも、この家の雰囲気に合わせて、輸入したオーク材を使用している。
踊り場 ティンバーフレーム H邸 階段の踊り場から見える奥のスーペースは、間仕切りのない子供の部屋となっている。
吹き抜け ティンバーフレーム H邸 吹き抜けのエリアは何と28畳分もあるため、従来の家には無い開放感が、癒しを与えてくれる。
主寝室 ティンバーフレーム H邸 オーナーご夫婦の13畳の主寝室。4.3畳のWalk-inクローゼットは、大抵の物なら収容が可能だ。
子供部屋1 ティンバーフレーム H邸 より開放感を出すため、吹き抜け側の壁を無くした子供部屋A。照明器具は手作りだ。
子供部屋2 ティンバーフレーム H邸 7畳の子供部屋B。現在は、ゲストルームとして使われている。

オーナー様からのレビュー

土地を決めてから、一年ちょっとで、家と病院が現実のものとなり、また思っていた以上の建物となり、とても、とても満足しています。暖炉も大活躍で、薪もあっという間に少なくなってしまいますが、家具を作って下さった木材屋さんから、たくさん頂けるので助かります。

ハースストーンさんのおかげで、私の理想を現実にして頂きました。本当に感謝しております。ありがとうございました。
引用元(H様 2005年12月13日)

オーナーの声 ティンバーフレーム H邸

ログ住宅データ

● 所在地=北海道上川郡鷹栖町
● 敷地面積=738.91㎡
● 延べ床面積=214.48㎡[1階=128.58㎡、2階=85.90㎡/その他=74.17㎡]
● 着工日=2005年04月
● 完成日=2005年10月
● 構法=ティンバーフレーム(トラディショオナルPLUS)
● 使用ログ材=オーク(柱サイズ=203×203mm)
● 基礎=布基礎
● 外部仕上げ[屋根材=ガルバリウム鋼板/建具=木製ドア、木製ペアガラス・サッシ/塗料=USAライフライン(2回塗り)]
● 内部仕上げ[天井材=SPF材/内壁材=塗壁/床材=T&G /塗料=ウレタン]

間取図 ティンバーフレーム H邸
間取図 ティンバーフレーム H邸

「ティンバーフレーム H邸 in 鷹栖町」の写真集

*スライド画面で見る場合は、上のボタンをクリックしてから、写真を選択して下さい。

*全ての写真の読み込みに1分程かかる場合がありますので、暫くお待ちください。